エコロジカルデザイン

エコロジカルデザイン

1996

1996年、MunsterのAkademie Fur Gestaltungのために “Ecological Design”がアレンジされました。この研究室は、工業製品の製造において特別な生態学的特性を有する対象物の設計に注目し、リサイクルプラスチックの使用は、マントアのCooperativa Gonzagarrediの子供用家具で既に実験されていたように、「エコロジカ」と呼ばれるイベントでは、エアチューブなどの産業廃棄物が使用されていました。

学生は積極的に計画とモデルを作り、最終的に選ばれたプロジェクトの動機付けを提供しました。

Irene Ivoi、Manfred Heilemann、Constanze Unger、Walter Bourichter、Giuseppe Del Debbioの協力により。