テトラパック・ミュンスター

テトラパック・ミュンスター

2015

2015年、ミュンスターのAkademie Fur Gestaltungでテトラパック飲料紙容器を使用したワークショップが開催されました。ワークショップの期間は1週間でアカデミーの10人の学生が参加しました。

最初の日に材料の特性が提示され、次にそれぞれが実用性と機能性に向かって、または自由な表現に向けてオブジェクトを作りました。 最最終日には、20のプロジェクトが長いテーブルに広げられ、各学生によって批評されました。

皿のようなテトラパックは、アカデミーの他の学生や教師との最終パーティーで使用されました。

Tony Mastriani、Manfred Heilemann、Constance Ungerとのコラボレーションで。